2017年7月24日月曜日

8/6(日)発 小江戸川越うなぎツーリングのお誘い

8/6(日)は夏の食い養生「土用の丑の日」、
うなぎを食べて暑い夏を乗り切ろう!
■ツアーのポイント(企画者より)
 川越はうなぎ屋が多く、個人差はありますが何処も美味しいです。「いちのや」に決めたのは駐輪場の心配がないからです。(事前に下見をして事情説明をし、駐輪スペースを確認しておきました)

企画者:高田 (&川合)

【開催日】 2017年8月6日(日)
 *悪天候が予想される場合は中止。催行の有無は8/4(金)に連絡します。

【募集人数】 10名程度

【行先】 川越 うなぎの老舗いちのや
  住所:埼玉県川越市松江町1-18-10 (営業時間:11:00~)
  電話:049-222-0354   *駐輪場あり
  HP http://www.unagi-ichinoya.jp/

【集合・解散】
  集合: 8:00 キッチンとれたて(旧みはらし茶屋)
     *荒川サイクリングロード左岸、鹿浜大橋付近
     (分からない方は申込時にその旨お知らせいただければ、詳しく紹介します)
  解散: 13:00頃 いちのや (予定)

【走行距離】 約35~40㎞
  キッチンとれたて~荒川サイクリングロード~川越市内~いちのや

【参加上の注意】
 ①天気の心配もあるので、ウナギ屋さんの予約はしないでいきます
  11:00の開店前に到着する予定ですが、混んでいたらみんなで並びましょう
 ②荒川サイクリングロードには補給できる場所がありません
  猛暑が予想されますので、事前に各自で補給・飲み物等をご用意ください
 ③アルコールを召し上がった方は、必ず輪行で帰宅ください
 
【解散後のおススメ】
 1)川越の食べ歩き(芋ソフトや甘酒などおいしいスイーツがあるそうです)
 2)寺院を回って御朱印を集める
 3)お風呂に入って汗を流す
   川越温泉湯遊ランド 
   川越市新富町1丁目9−1 入浴料760円 *駐輪場あり
   HP http://kawagoe-yuyu.com/
 4)帰りも自走でカロリーを消費する
 *お申込み確認メールで、企画者からのさらに詳しいご案内をお送りします

【持ち物】
 ヘルメットまたはカスク、手袋、輪行袋、スペアチューブ等パンク修理道具
 お財布、携帯電話、保険証、雨具、飲み物や補給食、日焼け止め など
   
【申し込み/問い合わせ先】 info@rinproject.com
   *件名に「8/6発うなぎツーリング」と記載ください
  *必要事項:
  氏名/当日連絡の取れる電話番号
 *荒川サイクリングロード上で途中合流を希望される方は、合流場所をお知らせ下さい

【〆切】
  2017年8月2日 
 *定員に達した場合、前倒しで〆切ります
  

2017年6月6日火曜日

備忘録;安曇野ツーリング (後編:2日目)

こんにちは
リンプロジェクトのいずみです。

お待たせいたしました、安曇野ツーリング2日目の模様をお届けします。


5月28日も快晴、朝気持ちよく起きてラウンジに出たら・・・
既に優雅にコーヒーを楽しんでいる方々がいらっしゃいました。
未だ7時、早っ!
洗面を済ませたら、フレンチトーストがおいしい朝ごはんをたっぷり頂きました。
皆さまご満悦な様子、なんとパンはおかわり自由です。
お腹と自転車の準備が整いましたら、お世話になったお宿の前で記念撮影。

さあ、今日も元気にこぎ出しましょう!
が、お宿の出口から急な上り坂・・・各自のペースでぼちぼち前進します。

改めまして、2日目の走行開始、眼下の絶景を眺めつつ走り出します。


ガーッと気持ちよく坂を下り、千国街道(R148)を小谷村方面に進み、姫川沿いを遡上
と、目の前にドカンと雪山が!
じっくり撮影タイムをしましたら、ゆるゆると上っていきます。
 道沿いで「日本海まで48km」の標識を見かけました。
松本までは約60kmあるので、日本海の方が近いんですね。
次に走るときは、糸魚川へ抜けても楽しいかも…と考えてしまいました。

雪山を右手に眺めながら、安曇野アートラインを走行。
交通量もほどほどで、路肩の荒れも少ないので走りやすいです。


-----------------------------------------------------------------------
ところで、白馬村のあちこちには、自転車の形のかわいい案内板が立っています。

これは「白馬小径」という、村内にある美しい景観をつないだ道の案内板だそうです。
また、このあたりの観光案内所では「白馬小径マップ」「北アルプス山麓サイクリングマップ」「白馬サイクルマップ」等々、サイクリングに便利な案内地図を入手することができます。お勧めコースもいろいろ乗っていますので、是非ご覧ください。
(事前にご入用の方は、白馬村観光局に相談するとよいです。)
-----------------------------------------------------------------------------

さて、青木湖→中綱湖は昨日走らなかったR148側を通り、木崎湖の途中から美麻方面に左折します。少しだけ上り&砂利道でした。



息が少し荒くなったころ、居里谷湿原に到着。
ここは日野正平さんが”こころ旅”で訪れていらっしゃったこともあり、楽しみにされていた参加者が多かったです。



綺麗な花々を眺めたら、お昼ごはん予定地である中山高原に向かいます。

…中山高原では、お目当てのお店がイベント出店で閉まっていました。
あらら、残念。
空腹のまま前進、大町市に入ります。
大通りを走っていると、一本隣の道沿いにつつじが満開なののを見かけました。
未舗装路でしたが気にせずGo!



花を見ていた地元のご婦人方に、美味しいお昼ごはんのお店を教えて頂きました。
農免道路沿いの洋食屋さん<ビストロ傳刀(でんどう)>さんです。

名物は”大町黒部ダムカレー”との事、

鉄板スパゲティやエビフライ、お子様ランチもありました。
ちょっとボリュームがありましたが、おいしく完食♪

食後、3名が離脱。信濃大町駅から輪行し、松本観光をするそうです。
残りの6名は県道51号を進みます。

お腹は膨れ、快晴で暑すぎず、下り基調で車も少なく走りやすい!最高です。
これでデザートがあったらなぁ・・・と思っていたら、道の駅がありました!
迷わずソフトクリームを購入、ハーブやマルベリーなど、珍しい味がありました。

一休みしましたら、北アルプス展望美術館(池田美術館)へ向かいます。
上りまーす、上りまーす。すると、前方に雪山がどっかーん!



この美術館の謳い文句は「息をのむほど美しい安曇野の景観を見られる」
芝生でごろごろしながら見る北アルプスは最高でした♪

上った後は下ります。

あっという間に穂高駅に到着。

今回もメカトラブルやけが人もなく、元気に走ることができました。
企画下さったS田さん、ご一緒くださった皆さま、楽しい週末をありがとうございました。

また、事前に白馬村観光局よりサイクルマップや観光案内などを頂きましたおかげで、安心して走ることができました。末尾で恐縮ですが、再度お礼申し上げます。


★白馬村観光局 
    長野県北安曇野郡白馬村北城7025
    電話:0261-72+7100
    E-Mail:info@po.vill.hakuba.nagano.jp
    白馬サイクリング HP:http://hakuba-cycling.net/



2017年6月1日木曜日

備忘録;安曇野ツーリング (前編:1日目)

こんにちは、いずみです。
5月27日~28日、私たちは長野県北部にツーリングに行ってきました。


5月27日は11:00に穂高集合
特急あずさを降りると、青い空と緑の若葉がお出迎えです。

今回は首都圏から9名が輪行して来ました。
地元小谷村からご参加の新井さんと一緒に、総勢10名で走り出します。

…嘘です。
穂高神社は駅から100M、走る間もなく最初の目的地に到着してしまいました。
ここでおいしい水を頂きつつ、参拝します。


続いて大王わさび農園まで走行、名物のわさびソフトをほおばります。
園内の池は底がまで見えるくらい透明で綺麗でした。



駅からここまで、全身リンプロウエアで自転車旅をされている方と何度もとすれ違い、気になっていました。わさび農園のでも前方を歩いていらっしゃるのをお見かけし、ついに話しかけてしまいました。神奈川県からお一人で走りに来ていたそうです。
同じシリーズのウエアの参加者がいたので、記念にパチリ♪

穂高駅付近に戻って「一休庵」さんでお昼ごはん
名物のお蕎麦をいただきます。




・・・さて、ウォームアップは終わりました。午後は走りますよ~。
今回の参加者は全員ロードバイク、待ってましたとばかりに駆け出しました。
新緑の眩しい山々を眺めながら、軽快に飛ばします。


一時間少々経った頃でしょうか、リンゴ畑の上り坂の途中に、素敵な看板を発見!
勿論左折します。

入口からはリンゴ畑しか見えず、本当にお店があるのかとどきどきしましたが、奥に伺うとおばあちゃんが、店番をされていました。りんごジュースを2本購入したところ、サービスで2本頂いてしまいました。全員で分けて飲み干しましす、濃厚でおいしかった!
下条農園さま、ありがとうございました。次回はジャムも買いに行きます。



水分を補給したところで、上ります。
はい、国営アルプスあづみの公園までずっと上りました。


その先はずっと左手前方に雪山が見えていました、眼福です。
新井さんにあれは常念岳、こっちは鹿島槍と教えて頂きながらひたすら走ります。

登ったりちょっと下ったりを繰り返しながら、木崎湖を通過。
しばらくすると、中綱湖が見えてきました。

桟橋でコーヒーを野点します。
T田さん持参のオリーブオイルを掛ける大福をつまみつつ一休みしました。
水辺を渡る風が気持ちよかった♪今回は私たちの貸し切りでした。




日も傾いてきましたので、国道148号線を白馬村に向かい走ります。


道の駅白馬に立ち寄った後、お宿の近くで新井さんとお別れしました。
最後の坂を上って、日暮れ前に今回のお宿”ペンションウルル”さんに到着。
お風呂に入ってさっぱりしたら、晩御飯です。

その後オーナーが入れてくださるコーヒーを頂いてのんびり♪
外は涼しく星空も綺麗でした。
〆は恒例のアルコール付きの旅談義、日付が変わる前に眠りにつきます。

<おまけ>
新井さんは白馬村で私たちと別れた後、小谷村まで走られたそうです。


普段は”小谷ファットバイクセンター”でサイクルガイドをされています。
「ファットバイクだけでなく、ロードバイクも乗ります、上り坂も好き。のんびりライドからマニアックなオフロードツアーまで、面白いルートを案内します」。
今回も道すがら撮影ポイントや坂の上り方など、いろいろ教えて頂きました。
絶景を見ながら気持ちよく汗をかきたい方は是非、お問合せ下さいませ♪

★小谷ファットバイクセンター
 長野県北安曇野郡小谷村千国乙12850-1
 Facebook:小谷ファットバイクセンターで検索