2018年2月21日水曜日

4/14発ふたばお花見ツアーのお誘い

”ふたば”とは、福島県東部の浜通りにある双葉郡にある8つの町村を指すのだそうです。
東日本大震災の際には、この地域も大津波や原発事故の被害を被り、現在も復興の途上にあります。

2017年秋に「双葉サイクルトレイン」でふたば地域を訪れ、現地の鮭のおいしさに感激!
夜ノ森の(葉が落ちた)桜の並木道を見て、「春にまた訪れたいな」…と思っていましたところ、現地からお花見の誘いがありました。
福島の春を訪ねて、ご一緒にお出かけしませんか?


~ご注意ください~
①本件はリンプロジェクトの企画/主催するツアーではありません。
 ”ふたばで自転車を楽しむ会”という、福島県双葉郡地域で自転車を通じて交流を楽しむ団体が企画/主催するツアーにご一緒いたします。参加申し込みは、弊社/ならはファン両方にお願いいたします。
 またツアーの大部分は、他参加者の皆様ともご一緒いたします。
②ヘルメットについて
 カスクでの参加もOKです。
 *必ずカスクかヘルメットを被ってください。

【担当】川合


【開催日】2018年4月14日(土)~4月15日(日)
 *雨天決行
  何らかの事情で中止の際は、4月12日頃までに直接連絡いたします。 

【集合/解散】
 
 集合:4月14日(土) 9:30 JRいわき駅  
  *参考経路 7:00上野発 特急ひたち1号で9:18いわき着 (指定席約6200円)
  *楢葉町サイクルステーション13:00集合でもOK
 解散:4月15日(日) 15:00頃 楢葉町内(予定)
  *参考 16:19広野→16:43いわき、17:21発特急ひたち24号乗車、19:37上野着 (指定席約6500円)
 

【行程】
 4月14日(土)   走行距離:約65㎞
  9:45頃 いわき駅より走行開始 (R6ベース、海岸沿い)
  11:00頃 四倉港付近で昼食 (道の駅四倉かその付近を予定)
  12:45頃 楢葉町サイクリングターミナル着  *ここまでで約35㎞
  13:00~16:30 『お花見サイクリング』に参加 
*ここから約30㎞       
       富岡町を中心に走り、夜ノ森の桜等を見に行きます  
        夕刻からは、宿でごはんと懇親会 (予定)

 4月15日(日)
  9:00~15:00 『お花見サイクリング』2日目に参加
       楢葉・広野町の桜や菜の花を見ながら走ります
  16:19 広野駅から電車に乗車 
     *間に合えば1本前、15:12広野発の電車に乗車

【予算】
 交通費 上野~いわき 約6200円(指定席参考料金)
       広野~上野 約6500円(指定席参考料金)
 お花見ツーリング参加費 2500円
 宿代 --未定 (宿泊先を相談中)
 その他 初日お昼代、おやつ代、夜のお酒代など

【宿泊先】 
 相談中(民宿になる見込み)

  *参加者の皆様に後日連絡いたします。

【持ち物】
 ヘルメットまたはカスク(必須)、手袋、輪行袋、スペアチューブ
 お財布、保険証、携帯電話、雨具、タオル、防寒具など
  *途中景色の良いところでコーヒー野点を行います。

    マイカップとおやつがあるとナイスです!

【申し込み/問い合わせ先】 

 どうしたらよいか迷ったら、まずはリンプロジェクトへ相談ください

  ①電車: 各自手配 (ご自身で予約、切符を購入ください)
  ②『お花見サイクリング』部分:各自で”ならはファン”HPより申し込み
   ならはファンHP→インベント案内→イベントの申し込み
  ★ならはファンHP:

   https://naraha-fan.jimdo.com/イベントファイル/ふたばお花見サイクリング/
   *申し込みイベント名:2018ふたばお花見サイクリング(4/14,15)
   *メッセージ欄に「リンプロジェクトツーリングの会、いわきより自走で参加」

   と記載いただけますとスムーズです
  ③初日の午前(いわき駅からサイクルステーション);リンプロジェクトへMail

   *必要事項;参加者のお名前/電話番号/緊急連絡先(お名前と電話番号)

  ★リンプロジェクト: info@rinproject.com   (件名:ふたばお花見ツアー)

【〆切】 2018年3月17日(土)
    *定員に達した場合、前倒しで〆切ります

2018年2月2日金曜日

B.B.BASEに乗って南房総へ!(募集)



 JRさんが定期運行を始めた、B.B.Baseですが、皆様もうご利用になられましたか?

先日、南房総市観光協会の方と打ち合わせをしたときに、「B.B.BASE」の発着に合わせたガイド付きツアーを実施しているというお話を伺いました。



現地ガイドの先導で里山と海岸線を走り、百姓屋敷レストランで無農薬野菜を使った地産地消の創作料理を食べる、南房総の魅力を満喫する日帰りツアーです。



今年はB.B.BASEを利用したツーリングも検討しているのですが、その下見も兼ねてリンプロジェクトは3月3日に実施されるツアーに参加してみます。

皆様もご一緒に、最新のサイクルトレインを試してみませんか!?

2017年11月10日金曜日

備忘録:ふたばサイクルトレイン (後編;2日目)

こんにちは、いずみです。

ふたばサイクルトレイン2日目は、もりもりの朝ごはんで始まりました。


8:00に集合し、最初に全員で木戸川に鮭漁の実演を見に行きます。
ここでは昔から「あわせ網」という方法で鮭を取っているとのこと。
下流に網を張ったあと、上流にも網を広げて鮭を下流の網に追い込んでいました。

とれた鮭を持たせていただきました。
ずっしりと重たかったです!
鮭たちは選別され、ほいほいとトラックの水槽に入れられていきます。
…その後訪れた漁協で、氷漬けの姿で再会しました。
漁協の方のお話によると、鮭は通常4-5年程北の海を旅した後、生まれた川に帰ってくるのだそうです。「毎年150万匹の稚魚を放流していたが、震災の年は稚魚の放流が全くできなかった。今年獲れている鮭は自然に孵化して育ったもの。今年は漁獲量が極めて少ないが、それでも7000匹以上取れた。自然の力はすごいと思う。」との事。
壁に掛けてあった大漁旗が眩しかったです。




さて、各コースに分かれて走行開始です。
A2コースは先ず、今日のゴールとなる竜田駅に立ち寄り、富岡町に向かいます。
途中にあった特定廃棄物保管場所には、黒い大きな袋がうず高く積まれていました。


富岡駅では、地元の方にお話を伺うことができました。
「道路一本を隔てて、帰宅困難地域とそうでない地域が存在している。家に帰ってよいと言われても、複雑だ」という言葉が印象的でした。

富岡駅はつい先日(2017年10月21)再び開通した、目下常磐線最北端の駅です。
ここから先は2020年に開通との事、復旧工事が続きます。
それまの3年間、この踏切は開いたままだそうです。

港も復旧中、被害の大きさが偲ばれます。




富岡町内では、夜ノ森駅付近の桜で有名な通りを走行。
すると…

途中から通行止めとなっていました。
この看板は、町内のあちこちに置かれていました。

また随所に、放射線量を測定する装置がありました。

正午になると だんだん、雲行きが怪しくなってきました。
雨、大丈夫でしょうか?

とりあえずはお昼ご飯タイム♪
二日目ともなると、お互い打ち解けてまいりまして、おしゃべりも弾みます。
この時は飛行機輪行について、皆さまの体験談を伺いました。

昼食後に再び走り始めたら、雨が降ってきました。
初めは”ぽつぽつ”程度でしたが、竜田駅に到着する頃になると”しとしと”でした。
衣類も路面も、だいぶ濡れていました。
竜田駅では、温かいすいとんをご用意くださっていました。
こちらのすいとん、かつて全日本の合宿でJ-ヴィレッジに来ていたトルシエ元監督が「マミーの味だ」と評したので、”マミーすいとん”と命名されたのだそうです。
だいぶ体が冷えていましたので、七味を多めに投入していただきました。
ほっこり♪



15:20頃に帰りの電車が入線しました。
各自自転車を担いで陸橋をわたり、積み込み開始です。


自転車は再び、スタッフの手により電車に固定されていきます。
予定時間までに、全員無事に乗車できました。

地元の方のご挨拶を頂きながら、電車は一路、上野駅に向かいます。


社内で配られた晩御飯、ボリューム満点でした。
鮭の切り身を見て、今朝持ち上げた獲れたての大きな鮭の感触を思い出しました。
3個ののり巻はすべて具が異なっていて、それぞれおいしかったです♪

20:40電車は定刻通り上野駅に到着しました。
スタッフから自転車を受け取り、少人数のグループに分かれて改札に向かいます。


帰路の上野駅でも、JR職員の皆様が誘導くださいました、ありがとうございました。

無事改札を出ましたら、三々五々解散です。
上野は雨が降っていなくて一安心、皆さまお疲れさまでした。


今回は総勢約100人の大所帯でしたが、スタッフの方が効率よく誘導くださっていました。南会津のサイクルトレインを企画くださっている方々との事。
いつかリンプロジェクトとも共催で、ツーリングを企画したいと思います。


2017年11月8日水曜日

備忘録:ふたばサイクルトレイン  (前編;1日目)

こんにちは、いずみです。

11月3日(金/祝)~11月4日(土)、福島県双葉郡にお出かけしてきました。
私は今回、サイクルトレイン初体験です♪

11月3日は朝6:20頃から、三々五々参加者の皆さまが集まってまいりました。
受付を済ませたら、StaffやJR職員の方の誘導に従って駅構内を進みます。
ホームに降り、自転車に毛布を掛けてから搬入Staffに渡すと

Staffさんが整頓しつつ電車に固定くださいます。
今回は一般車両に乗せたので、いつもとは違う固定方法だったようです。

上野駅発のサイクルトレインは今回が初めて!ということで、沢山の駅員さんが誘導に携わってくださっていました。朝早くから、ありがとうございました!
見送りを受けつつ、定刻発車しました。

4時間ほど乗車しまして、お昼前に広野駅に到着~。

今回は全4コース、約100名の大所帯。
順番に駅から出まして、コースごとにミーティングをして走行開始です。

初日は秋晴れの中、紅葉がきれいな田園風景の中を走りました。
私はA2コースに参加、初日は滝を見に行って大量てんとう虫の歓迎を受け、

童謡『汽車』に出てくる♪今は山中、今は浜~♪で有名なトンネルを見たり、

海岸沿いで休憩したり、

Jヴィレッジを横目に見つつ、木戸ダムや大瀧神社を巡りました。


気が付くと、お日さまはだいぶ傾いてきています。
締めに、高台から夕陽と火力発電所を眺めまして、


本日のお宿楢葉町サイクルステーションに到着です。
他コースの皆さまも、続々と到着されていました。


お風呂に入ってさっぱりしたら、お夕飯。
写真を撮り忘れてしまったのですが、鮭のフライがおいしかったです。


夕飯会場には楢葉町の町長さんや地元の観光課の方がご挨拶にお越しくださり、近況をご紹介下さいました。広野町のように帰町が始まっている町もあるが、同じ双葉郡の中でも立ち入りが制限区域が多い地域では、まだまだ避難されている方が多いとの事。「今回見たり感じた地元の近況を、帰ってから家族や友人に発信してほしい」という言葉が印象的でした。お酒の差し入れも頂きました、ごちそうさまです。



食後は有志で二次会、酒宴で盛り上がったらしいです。
(私はいつの間にか寝ていました)